お酒の世界

飲酒すると身体が震える原因としては

多くお酒を飲みすぎると、身体が震えてしまうことがあります。アルコールが体内へ入ると熱が放出されてしまうため、震えを引き起こす原因となってしまいます。ヒトの体内には体温を一定に保つ恒常性が備わっており、飲酒時に血管が広がり熱が体内から外へと放出され、寒さを感じて震えが起こります。体温を一定に保つために筋肉を震えさせ、熱を生み出そうとするメカニズムによりこうした震えは生まれます。飲酒による身体の震えの原因のもう一つは、血糖値の低下によるものです。体内でアルコールが分解される際に糖と水分が消費されますので、体内の糖度が低下します。その結果、身体が低血糖の状態に陥り、震えが起こる場合もあります。急性アルコール中毒によっても身体の震えは引き起こされますので、注意が必要です。多量にお酒を摂取した場合、脳の機能の低下により体内を正常に保つことが難しくなり、震えが引き起こされます。お酒は適量を楽しむように心がけ、イッキ飲みなどの過度の飲酒は控えておくことが大切です。