お酒の世界

お酒を飲むと顔や体が赤くなる原因

お酒を飲むと顔がすぐ赤くなる人、逆にどれだけ飲んでも顔が赤くならないままの人がいますが、体内の酵素が強いか弱いかの違いでこの差が生まれます。お酒を飲むと顔が赤くなる原因としては、アルコールを体内で分解する途中に発生するアセトアルデヒドが体内を巡回することに起因します。アセトアルデヒドは毒性の強い物質で、体内を巡ると頭痛や動悸を引き起こす原因となってしまいます。その他に神経に働きかける作用も含まれており、皮膚の血流を増加させるので、その結果体や顔が赤くなるのです。そのため、お酒を飲んでも一向に顔が赤くならない人は、このアセトアルデヒドの分解力が強い人だといえるでしょう。アセトアルデヒドの分解能力を測定する方法としては、パッチテストが一般的に行われています。エタノールを浸み込ませたガーゼを皮膚に貼り測定しますが、この検査ですぐに赤くなる人は分解能力が低いといえます。赤くなるだけなら良いのですが気分が優れなくなる場合、多量の飲酒は控えたほうが良いといえるでしょう。度数が低く抑えられたお酒を飲むことで、二日酔いの対策にもなります。