お酒の世界

料理の際にはおおさじ1のお酒

料理の際におおさじ1のお酒を材料として書き加えているレシピは多くあります。お酒は料理にとっても大切な素材であり、調味料でもあります。日本料理の際は日本酒が、フランス料理にはワインが用いられることが多く、おおさじ1を厳密に守らなくても目分量で入れる方が多く、塩や醤油と違い、少し入れすぎてしまっても味に悪影響が出ることは少ないといえます。日本酒は甘口や辛口で味が違ったものとなっていますので、料理にこだわる方は使用するお酒も数多く揃えているといった場合もあります。世界各国で料理に使用されるお酒も異なりますが、各々の国で愛飲されている食前酒も多くありますので、提供する料理に合わせてセレクトしてみるのも面白いかも知れません。日本料理の食前酒には梅酒が選ばれる場合が多く、仄かな酸味と甘みにより胃酸の分泌を促し、その後の料理がさらに美味しく進むといった効果があります。フランスの食前酒はアペリティフとも呼ばれ、シャンパンやチンザノなどのカクテルが少量提供される場合が多くなっています。