お酒の世界

お酒を飲むと貧血になりやすく

お酒に弱い人は、飲酒時に貧血になりやすくなります。急に気持ちが悪くなってしまったり、倒れてしまったりといった症状が出てしまいます。しかし、仕事上での付き合いの飲み会であったり、お酒が弱いと言い出し辛い場面であれば無理な飲酒をせざるを得ない場合も多く、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。お酒を飲むと貧血になりやすくなってしまう仕組みとしては、まずアルコールが体内へ入ると血管が拡張し、血圧が低下します。その結果、脳への血流が悪くなってしまい、酸素濃度が足りなくなり貧血になります。その日の飲酒量や体調にも大きく左右されるので発症するときとしないときがあり、ばらつきが出やすくなっています。貧血の対処方法としては脳の酸素不足によるものとなっていますので、頭を低くする姿勢をとったり、横になり楽な姿勢で休むなどの処置が必要となります。何よりも無理な飲酒をしないことが大切であり、体調がすぐれない日は飲酒を控えるなどの心がけも必要です。